<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
今さらダビスタ 〜空き地にめんめん牧場を その11〜

4年目8月2週目
ドクトルナカムラが3歳新馬戦に出走。
11頭中最下位。最後の脚が伸びません…。
まずは出走費を稼いでもらいましょう。

さて、8月3週目は2歳馬のセリがあります。
この辺で。ドンと投資してみたいと思います。
ビューティアズキの新馬戦でも証明されましたが、やはり競馬は血統が大事。
「大きく賭けて、大きく取り返し」ましょう。

なんと7900万円!!
エンゼルメンメンクラスのレース2勝分に匹敵する出費。
かなり張りましたよ。これで勝てなかったらウソですね。

鹿毛の牡馬
命名:シュッケ
1年後はきっと競馬界の注目の的となることでしょう。

札幌3歳未勝利戦にイージマコームインが出走。
おお、団子状態も良い位置。
塊の中で3位に食い込みました。
ちなみに馬場は稍重。不良馬場に強い?159万円の収入。

4年目9月
めんめん牧場にわずかながらよくない兆し。
脚の具合が悪いヒトシミズだけでなく、今月は他の馬も調子を落としています。
体重を落としたりレースの疲れが残っていたり、結局1ヶ月間、どの馬もレースに出場できず。
これはなかなか痛いです。収入がゼロですから。
現在の維持費を考えると、レース収入がないとちょっとやっていくのはきついわけで。

そんな中でも明るいニュースは、高額出費のシュッケについて。
「とにかく元気でカイバをモリモリ食べています。」
さすが大食い。即戦力期待ですから。

10月も結局レースは無し。
ただし、牝馬3頭が調子を取り戻してきました。
2か月は収入ゼロ。ひっ迫してきました。

4年目11月2週目になり、やっとレース。
まずは京都3歳未勝利戦にイージマコームインが出走。
後半伸びましたが、さらにその後ろから差され4着。でも入賞です。107万円獲得。

今度は東京根岸ステークスにエンゼルメンメンが出走。
でました!溜めて溜めて一気に爆発!勝利のパターン。
2頭の争いを競り勝って、エンゼルメンメン優勝!!
もう安心してレースを見られます。
そして3395万円の賞金獲得。ちなみに現在19銭7勝。素晴らしい勝率。

4年目11月3週目
京都3歳未勝利戦にドクトルナカムラが出走。
10頭中9位。やはり終盤に力をためても、伸びない。

4年目12月1週目
今週はレースのオンパレード。順番に行きましょう。
まずは阪神3歳未勝利戦に、好調イージマコームインが出走。
タフさが加わって、連戦ですね。
中段待機も維持。その位置をキープしたまま5位入賞。

続いて中京3歳未勝利戦、マチャコザクイーン出走。
う、うーん、大きく遅れたまま最下位。しかもブービーに4馬身差。
ちょっと苦しいですね。

今度は中山葉牡丹賞、すでにオープン馬となったビューティーアズキ出走。
先頭と4馬身差で2着争い。2着ならよし・・・。
と、思ったら、うおっ!
・・・ものすごい脚でやってきました。
残り200メートルないくらいからあっという間に駆け上がってハナ差で優勝!!
ありえないスピードでした・・・。恐ろしい・・・。

最後に中京CBC賞にエンゼルメンメンが出場。
ビューティーアズキの躍進もあり、元祖アイドルのエンゼルメンメンもうかうかしてられない。
ちなみに今回からエンゼルメンメンはG暁呂任后
しかし、さすがに上位の壁に跳ね返されました。
11位。これからです。

4年目12月3週目
阪神未勝利戦にドクトルナカムラが出走。
1位が大きくリードを広げる中、しっかりと2着狙い。
その作戦が功を奏し、2着!さあ、実力をつけてきました。

4年目12月最終週
中京3歳未勝利戦にマチャコザクイーンが出走。
しかし、直線勝負にしたにもかかわらず、直線でずるずると後退。
13頭中13位でした。

中京3歳ステークスにビューティーアズキが出走。
しかもパドックでは「絶好調」と期待されていました。
ただ、前半抑えすぎでハナ差の6着。
3連戦3連勝とはいきませんでした。

こうして4年目は終了。
いよいよ5年目に突入します。
ネギティーティー、そしてシュッケの2頭が厩舎入り。
エースのエンゼルメンメンを筆頭に、ビューティーアズキの活躍。
未勝利の3頭はいつ勝つのか。

さまざまな期待を持って、次回をお楽しみに。

| - | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://kotorigumi.jugem.jp/trackback/160