<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
今さらダビスタ 〜空き地にめんめん牧場を その13〜

5年目7月1週目
非常に楽しみな函館4歳以上500万下。
ヒトシミズイージマコームインが相まみえます。
新馬戦以外では初めてのめんめん牧場直接対決。
しかも一番人気イージマコームイン、2番人気はヒトシミズ
これは楽しみ!ヒトシミズが先行して逃げ切るか、イージマコームインが捉えるか。
ああ、ヒトシミズイージマコームイン共にスタート大失敗・・・。
そのまま後方に居続け・・・。結局8位と9位最下位でした。残念。
ワンツーフィニッシュとか、あるいは上位独占とか理想ですがね。

5年目7月2週目
セリに行きました。
資金に余裕はあったのですが、オークションで一気に値が上がり、高額馬の購入を見送りました。
というわけで、3000万円の鹿毛の馬を購入。

命名:マンダラムトウ
牡馬です。

函館4歳以上500万下にイージマコームインが出走。
連戦です。しかしタフですね。
パドックでも使い詰めていると言われています。トモの張りも気になりますが・・・。
序盤から2番手をキープ。3頭競り合いとなり、最終的には3位。
なんとかケガなくレースを終えました。

5年目7月3週目
福島4歳未勝利戦にマチャコザクイーンが出走。
来月から新馬戦も始まるので、この辺で勝っておかないとちょっと苦しいです。
最後方から最後の直線で一気に駆け上がりました。
しかし、先頭には及ばず5位入賞。
もう一つ実力がほしい。

一方函館スプリントステークスにエンゼルメンメン出走。
ちなみにG轡譟璽后

※ここで、一つのコツがあります。(説明書より)
エンゼルメンメンは先日G気琉妥諜念を制しました。
しかしG汽譟璽垢鰐埃圓多く、勝つ可能性も決して高くありません。
G汽譟璽垢箸呂い─6位以下では出走費の35万円しかもらえないのです。
一方、今回のG轡譟璽垢任エンゼルメンメンは一番人気の◎◎◎◎◎。
G轡譟璽垢任睛ゾ,垢譴个なりの賞金が得られます。
手軽に資金を得るなら、強い馬を少し下のランクのレースに出して優勝するのも一つの策なのです。

というわけで一番人気のエンゼルメンメン
勝ったも同然でしょう。
・・・えええ!ダメだ、大接戦に飲み込まれて出られない。
前を完全に塞がれて、抜け出せない。
あああ・・・6位。どうした!
まあ、まあ、こんなこともたまには。

5年目8月1週目
さあ、お待ちかね3歳新馬戦。
シュッケ、そしてネギティーティーのデビュー戦です。
パドックでのシュッケはちょっとイレコミ気味。
ネギティーティーのほうが踏み込みが良いです。
そして・・・
これはこれは美しい勝ち方でした。
最終コーナーまで抑えて、直線もジワジワ上位に上がり。
そして最後はアタマ差でかわす!シュッケ、期待通りの初出場初優勝!!
一方でネギティーティーが5位に食い込みました。
これは今後も楽しみ。

5年目8月2週目
新潟4歳未勝利戦にマチャコザクイーンが挑戦。
追い込み馬ですが、ちょっと作戦変更。
できるだけ前に行かせて新天地開拓したいと思います。
作戦はまずまず、2段ロケットで後半もあげましたが、もう少し及ばず。
6位でした。

5年目8月3週目
よし、今回は良い馬を競り落としました。
6900万円です。
鹿毛の牡馬
命名:イケノデラックス

さらに5000万円の鹿毛の牝馬。
命名:シバユリオレンジ

この辺で一度まとめましょう。
入厩馬
牝馬6歳 エンゼルメンメン
牡馬5歳 ヒトシミズ
牡馬4歳 ドクトルナカムラ
牡馬4歳 イージマコームイン
牝馬4歳 マチャコザクイーン
牝馬4歳 ビューティーアズキ
牡馬3歳 ネギティーティー
牡馬3歳 シュッケ

所有馬
牡馬2歳 バンダナムコフジタ
牡馬2歳 マンダラムトウ
牡馬2歳 イケノデラックス
牝馬2歳 アサホノヒカリ
牝馬2歳 シバユリオレンジ
牝馬1歳 ミヤコファンタジー

繁殖牝馬
牝馬10歳 ニフティサービス
牝馬12歳 ハニーカステラ

なかなかの大所帯です。ちなみに月間の維持費は400万円+60万円+20万円=480万円

・・・なにっ!480万円
おお、これは結果を残していかないと。
しかも馬の買いすぎで、現在残り1800万円しかないのです。

札幌小樽特別にイージマコームイン出走。
一番人気。行け!
写真判定でも微妙なところ。惜しい、惜しすぎる。2位。
ほとんど同着なだけに惜しすぎる。

さあ、雪辱を果たしてほしい。
G競譟璽校ニ攀念にエンゼルメンメンさっそうと登場。
前回の結果もありますし、期待はあまり。
結果的に5位入賞でした。

5年目8月4週目
札幌3歳新馬戦にネギティーティー、1番人気で再挑戦。
シュッケに負けるわけにはいかない。
その意地が伝わりました。直線でのリードをそのままキープ。
人気に応えました。ネギティーティー初勝利!!
この3歳馬コンビは、よもやするとめんめん牧場黄金期を築くかもしれません。

続け、札幌4歳以上500万下にヒトシミズ出走。
決して悪い評価ではありません。
2着以下が混戦。どこまで伸びるか。
4位入賞。こちらも入賞で結果を残してきました。

札幌UHB賞にドクトルナカムラ出走。
ここも3番人気。ぜひ入賞してほしい。
2600メートルの長いレースです。
序盤から突っ込んだ、残り1000でトップに立ったが、あまり引き離せない。
そして飲み込まれてしまった。そのままずるずると6位でした。

5年目9月2週目
中山4歳未勝利戦、いまだ勝ち星のないマチャコザクイーンが出走。
期待も悪くない、この辺で一つ勝ちたいところ。
しかし、前半前に出られず、14位。かなり厳しい。

札幌阿寒湖特別にドクトルナカムラ出走。
2週連続、しかも今回も2000メートル。スタミナが気になりますが。
前半2位集団を引っ張っていましたが、やはり後半まで持たない。
結果は8位。冬の時代でしょうか・・・。

5年目9月3週目
札幌4歳以上500万下にヒトシミズ出走。
こちらはやせ気味。やはり体調はあまり良くない。
レースは6頭が並んだままゴールへ突っ込んでいく。
後半追い込み予定のヒトシミズ、ここで一歩前に出た。
頭一つ前に出て、そのまま、そのまま、そのまま行った!ヒトシミズ3勝目!!
そして、ここまでの嫌な流れも止めました。

5年目9月4週目
ドクトルナカムラにかなり疲労がたまっています。
しばらく休ませます。

道新スポーツ賞に、久々4か月ぶりのビューティーアズキが出走。
休養も十分ですし、あの衝撃的なデビュー戦の再来を見せてほしい。
2600メートルの長距離をどう走るのか。
好スタートなのに、そのままスーッと後続馬に並びに。
縦長の展開に全く付いていけず、5位に7馬身差の6位。どうした。

札幌3歳ステークスにネギティーティーが出走。
早速のG轡譟璽后△一つです。
1頭大きくリードを広げましたが、きっちり混戦を制して3位入賞。
こういった上位レースでも、ある程度の結果を残してくれると非常に助かります。
ネギティーティーはレース運びがうまいです。

5年目10月2週目
京都壬生特別にヒトシミズ出走。
前回の勝利から波に乗れるか。

ん、何だ、スピードが落ちたぞ。
ああっ、違う、走れない!
競走停止!
まさか、また予後不良か!?

なんとか予後不良はまぬがれました。しかしかなりの重傷。
しばらくレースは不可能とのことです。
ヒトシミズ、2度目の休養となります。

5年目10月3週目
東京プラタナス賞にシュッケが登場。
あまり期待はされていなのですが、ぜひここはヒトシミズの敵を討って欲しい。
スタート出遅れ、そのまま後続の塊の中。
ここを抜け出すのは至難の業。8位。

5年目10月4週目
京都黄菊賞にシュッケが2週連続出場。
2番人気。前回の屈辱を晴らせるか。注目はスタート。
好スタート、そして一気にトップに躍り出た。
第3コーナーで並ばれましたがもう一度前へ。
直線に入って捲られましたがもう一度前へ。
最後のゴール前、差されたら差し返して写真判定。最後はアタマ差!シュッケが2勝目!!
見事前回の失敗を打ち消しました。

東京紅葉特別にビューティーアズキが出走。
このところ結果が残せていないため、今回も期待薄。
そしてレースもいいところなく12位。
不死鳥のようによみがえってほしい。

5年目11月1週目
福島4歳未勝利戦にマチャコザクイーンが出走。
もう残り2カ月しかありません。
最終コーナーでトップまで伺いました。
しかし一気に後退、気がつけば最下位。

5年目11月2週目
京都醍醐特別にドクトルナカムラ出走。
来たっ!2頭の叩き合い!ここまで来たら執念だ、どうだ!
写真は、ハナ差!勝った!ドクトルナカムラ、3勝目!!
そしてオープン馬まではおそらくあと1勝です。

5年目11月3週目
京都マイルチャンピオンシップ(G)にエンゼルメンメン出走。
レース中盤ズルズルと後退。やはり実力発揮できないか。
いや、直線で猛追。捉えるか!惜しい。
しかし2位に入賞。あと100メートルあったら分からないところでしたが、2位です。

5年目11月4週目
福島4歳未勝利戦に後がないマチャコザクイーンが出走。
体重も減り、かなりしんどい展開が予想されます。がんばれ!
途中までは中盤待機も、思い出したかのように最下位へ。
そのまま大きく差を広げられ、最下位。
最後のレースを飾ることができませんでした・・・。

花園ステークスにドクトルナカムラが出走。
使い詰めてます。踏ん張れるか。
最後方から追い上げ、少し距離が足りなかったものの、5位入賞。

5年目12月1週目
運命の時がやってきました。
4歳にして未勝利のマチャコザクイーンが引退となりました。
繁殖牝馬として、200万円で買い手がつきました。
未来のサラブレッドを育てて欲しい・・・。

マチャコザクイーン、最後まで苦しいレースを走りぬきました。

5年目12月2週目
中京4歳以上500万下にイージマコームイン出走。
休養明けながら一番人気。
ここはひとつ復活してほしい。
序盤から先頭集団。4頭並びの中、3位入賞。

中山朝日杯3歳ステークスにシュッケ出走。
G汽譟璽垢任后もう実力は折り紙つき。
しかし、なかなか上がってこない。
これはきついか、いや最後に上がってきた。
なんとか5位に食い込みました

5年目12月3週目
中山ひいらぎ賞にネギティーティーが出走。
シュッケに対して、こちらネギティーティーも意地を見せるか、1番人気!
あー出遅れた。駄目だ。
直線で前へ行こうにもスペースが無い。7位。

中山スプリンターズステークスにエンゼルメンメン出走。
このG機△覆鵑箸結果を残して来年につなげてほしいです。
3頭並んで後ろから追い上げ、3位をかわし、2位をかわし。
2位入賞。やはり実力が違います。

5年目12月最終週
中京4歳以上500万下にイージマコームイン出走。
またしても一番人気なのですが、なかなか期待に応えられない。
やはり今回も、前半のビハインドが響いて5位。
もう少し良い結果が出そうなのですが、入賞止まりなのです。

阪神サンタクロースハンデにドクトルナカムラが出走。
このレースがめんめん牧場今年最後のレースです。
結果はいまいち、とくに見せ場なく13位でした。

というわけで、5年目の後半を一気にお送りしました。
シュッケネギティーティーといった期待の馬がおり、
エースのエンゼルメンメン、不調ながら高いポテンシャルのビューティーアズキ
めんめん牧場はなかなかの成熟期に向っています。

一方で、圧倒的な強さはまだ見せていないのも事実。
G汽譟璽垢任陵ゾ,癲安田記念のエンゼルメンメンのみ。

やっぱり有馬記念とか勝ってみたい!
ですね。

| - | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://kotorigumi.jugem.jp/trackback/161