<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
no title
おはようございます。射水です。
この前、鴻巣と上尾のあいだを自転車で走破しました。朝八時に。学生がいっぱいいました。みんな早起きですごい。

ところで、おばあちゃんの部屋のテレビが壊れて、相撲が見たいからテレビ(地デジ対応のやつ)を買ってくれと言われました。あと、母親が電子レンジを買ってくれと言いました。ぼくは買いました。お金を貯めるつもりが、このままだと骨の髄まで搾取されてしまいます。

入りて〜 樹海
| - | comments(1) | trackbacks(1)
東京大学で青空教室
おはようございます、個数の処理・射水です。

さて唐突ですが、今日は東京大学の駒場校地で麻雀をやってまいりました。清水氏のお誘いです。青空麻雀ということで、建物の屋上での対局でした。初体験です。
一、肌寒い
二、蜂がすごいいる
三、投棄されたごみの量が甚だしい
四、吹奏楽の音がする
五、けっこう清清しい
六、清水がすぐドラを切る
とまあ以上、ちょっとした感想です。

ちなみに射水の成績は…
壱、二位(+14)
弐、二位(+16)
参、一位(+58)
肆、三位(-18)
総計、三位(+70)/八人中

えー、煮え切らず、まずまずです。
ぼくの麻雀は往往にして爪が甘いです。


ところで途中、雨が降ってきたのですね。見上げると大きな雨雲がズズズっと、ぼくらの真上にやってきて、いつものようにピッピッピッと冷たいのを落としていきました。全員で牌だのゴザだの鞄だの机だのを運んで次の場所にたどり着いた時点で、青空麻雀は終わりました。いやー面白かった。


めんめん「かぽちゃプリンたべたいです!」
| - | comments(1) | trackbacks(0)
宮崎あおいちゃん、ビストロにゲスト出演!
深夜になると、オバカさんに拍車がかかります。
さらにアルコールが入ってると、余計です。
これが、たまたま昼間とかに昔書いたの見ちゃうと、
ガッカリ具合もいいところです。

初恋ですよ!初恋!
男の子の初恋!(バカですねぇ・・・)
何で初恋かって言うとね、
ほら、例えば幼稚園の先生とか、近所のお姉さんとか、
幼い時に、かなり年上の人に憧れを抱いたりって、
実際は無いけど、あるでしょ?
それです、それ。もう21だってのに、それです。

バイト先のお姉さんの家に何人かで集まって、
Wiiなんかやっちゃってたりして盛り上がって。
でもお姉さんは、それを優しい目で眺めてるんです。
「私はいいよ、疲れちゃうから」って。
で、その日に客としてきた若造が次々と寝ちゃうんですよ。

そこで!そこで!
(何を文字打ちながら興奮しているんだか・・・もう3時過ぎてるのに。)
お姉さんと来たら、ずうずうしい奴らに対して、
布団はかけてあげるは、エアコンつけてあげるは、
冷たいお絞りを頭に載せてあげるは(酔いつぶれて寝たのもいるからね)、
で、そいつらのいる部屋の電気消して戸を閉めて・・・

で、気がついたら、真夜中のリビングに男と女が二人きり・・・

夜明けまでおしゃべり。

途中、タオルを濡らして電子レンジに入れたと思ったら、
「はい、君には温かいほうがいいでしょ。目の下に当てて・・・。」

話の途中で「あ、これは内緒にしておいてね。」なんて
言われた日には・・・(バカどころか変態になってますが・・・)

丑年なので一回りと少し上です。未婚です。

夏休みの最後に、
「I野氏に甘えるオカダマの気持ちがなんとなく分かった」
そんなセピアな思い出。

しかし、保健室の先生とか、親戚のお姉さんに、
幼心に「いいな。」って感じた人って、いるんでしょうかね?
みなさん、いかがでしょう?

来週は
『めんめん VS メカめんめん』
を、お送りします。お楽しみに。
| - | comments(1) | trackbacks(1)
田中射水、NINTENDO DS を買う。
Image029.jpg
ええ、買ったのですよ。桃色のやつをね。

本体を買ったらお金がなくなり、ソフトが買えませんでした。この計画性のなさ。

でも石井くんが漢字検定のやつを貸してくれました。しばらくぼくも漢字の訓練をしようと思います。

どなたか、NINTENDO DS のソフト(RPGがいい)をお持ちの方、貸してください。ラーメン奢るからさ。


ところで、九月になりましたね。宇宙は広いです。雲は端が光ります。なんかこう…定期的に、波のようにおとずれる倦怠感と諦念をうまく味わいたいと考えています。身の取りにくい魚のようにね。たぶんこの文章を誰も読まないと思うんだ、だからここぞとばかりに意味のわからないことを書いてやるニャン★☆


【きょうのかえうた】

♪ 水道 出家は 5000円
トイレの 出家は 8000円
パイプの 出家は 8000円
安くて 早くて 安心ね ♪






…安くて早くて安心ね☆
| - | comments(3) | trackbacks(1)
ビール飲んで、ギター弾いて、寝る前に
ちなみに今、例のタイタニックのテーマ聞きながら書いてます。
セリーヌ様ですね。うわぁ!僕ってキモい・・・!
似合わないことこの上ないですね。
だいたい、『タイタニック』全部観てないし。
『もののけ姫』も途中で飽きたし。

そういえば『ミリオンダラーベイビー』とか『TAKESHI'S』とかDVDに焼いたまま観てません。
『ラストサムライ』もまだです。
誰か観ましたか?

『イージーライダー』は何度も見ました。
と、言っても、おそらく、やの氏くらいしか興味示さんでしょうけど。
古臭い、カビの生えたような映画です。
切ないです。特にラストとその曲。
友達が少なくて、世の中に不満の多い人にお勧めです。
該当者がいなければ、今度やの氏と二人で語らいます。

また寅さんを見始めました。
と、言っても、おそらく、ムトー先輩やイトー君くらいしか興味示さんでしょうけど。
古臭い、カビの生えたような映画です。
切ないです。大爆笑したと思ったら、ホロリと来ます。
女好きなのに、いざとなると「幸せになれ」とか偽善っちゃう人におすすめです。
該当者がいなければ、今度ムトー先輩やイトー君と語らいます。

最近面白かったのは『ルームメイト』という洋画。
「同棲していた彼の浮気に耐えかね、彼をマンションから追い出したものの、経済的な理由から、ルームシェアの相手を探すことにしたあずさ。そこへやってきたのはおとなしい女の子の良子。二人は打ち解けあい、特に良子はあずさを姉のように慕い、服装や髪形まで真似るようになる。しかし、あずさがだんだん元カレとよりを戻し始めると、良子は親友のあずさを取られまいとその仲を裂こうとする。その良子の異常とも思える行動にあずさは不審を募らせてくるが、あずさが自分を疑り始めたことを知った良子は・・・」

ブリジット・フォンダとジェニファー・ジェイソン・リー(僕的に、ジェニファーのほうが好み)の主演ですが、なんとな〜く「あずさ」と「良子」がしっくり来るんです。もちろん仮名です。
ちなみに途中のシーンで、ジェニファーが勝手に犬を飼い始めます。
「良子」だったら勝手に鳥を飼ってるところです。

「あのね、これ、ペットショップで見つけたんだけど、可愛かったの。でね、いつも店先で、一人ぼっちっで可愛そうだったから・・・あの・・・ちゃんと面倒見るから・・・ダメ?」

まだまだ長い夏休み、お勧めの映画はありますか?
| - | comments(3) | trackbacks(7)
ちんすこうショコラ
Image024.jpg
さて、この前まで誕生日だったのに、もう二週間がたちました。デスペラード・クラッシュ・射水・清水です。

というわけでですね、画像は『ちんすこうショコラ』です。某方からの沖縄おみやげです。
ぼくは甘いものに目がなく、美味しくいただいたわけですが、それにしても妙にひっかかり胸を掻き乱すよこの名前『ちんすこうショコラ』!
今日び「ちんすこう」に「ショコラ」!!
沖縄×フランス!!!


『ちんすこう』×『ショコラ』!!
沖 縄 仏


えっと…時代は今、にぎやかなのでしょうね。昔、ある学者が「語り得ぬものについては沈黙しなければならない」という言葉を残したそうですが、あれだからね、語り得るからね、ちんすこうショコラ。射水の昔のアドレス「ロリータショコラめんめん」よりよっぽど語り得るからね。そもそもめんめん、ロリータじゃなくてサドだし。SADO。SADIST。しかもショコラじゃなくて豆腐だし。それに比ぶればなどか語り得ざることなからむ、ちんすこうショコラ。ちんすこうショコラ。

ちなみにこのお菓子、ちんすこうにチョコレートが COATING された、素敵な甘味です。みなさんもぜひ一度どうぞ



追記:最近『チャート式地学』を愛読しています。高校生用の参考書ですが、これがなかなか面白い。天気、地層、地震、天体、宇宙……、こう、なんと言うか、ほどよく脳内麻薬が分泌されてですね、瞳孔は開き気味になり、手足が硬直するのね。そして回りの雑音が遠ざかり、ぼくは五次元の世界にだんだんといざなわれ…

…それよく考えてみたら麻雀やってるときと同じだわ。




まともな人間に、なりたい。
久しぶりに絵でもかくか!
| - | comments(0) | trackbacks(0)
『たなかいみず用語集』
Image012.jpg
先日、画材や書籍の整理をしていたら、なんと『たなかいみず用語集』を発見してしまった。

知らない人に説明をするが、この『たなかいみず用語集』とは、わたくし田中射水が大学一年生の頃につくった文集である。
それには、自身についてこう記述されている。

『(たなかいみずようごしゅう/作品)田中射水という奴が「自分に関する様々な物事をまとめてみよう」という目的で作り出したもの。《中略》この本は、一「私は田中射水という人間を愛している。故に、もっと彼のことが知りたい」という人。二「私は別に彼のことを愛してはいないが、彼のことをもっと知っても良い」という人。三「田中射水はさておき、こういうのは好きだから、読みたい」という人。以上一、二、三、以外の人にとっては何の意味も持たない。《後略》』
これが、『たなかいみず用語集』の定義である。暇人のなせる業としか言いようがなく、そして、恥も外聞もない中身であることは言うまでもない。

たしか大学で「一年生の終わりに何かひとつ立派な作品をつくれ」という課題が出たのだが、当時すでに登校拒否をしつつあったぼくは、それでとても困った。ぼくに立派な美術作品なんて作れるはずがない。なぜかというと、理由は簡単で、美術に対して何の意欲もなかったからである。
そんな一方で射水は趣味として『用語集』の執筆を進めていたのだが、これが我ながら面白く、どうせならここぞとばかりに作品として出せないかと思ったのである。自己完結が第一義ではあるけれども、大学の課題に利用しても罰は当たらないだろう、という考えである。
考えてみれば現代美術、殊に先端芸術とは、つまるところ何を用いて何を表現しても認められるべきなのであって(と、偉そうな人が言っていた)、とするとすなわち、射水の書くアホ丸出しの駄文集ですらも作品だと言い張って良い、という理屈が自然と正当性を帯びてくるのである。なので、ぼくはこの『用語集』を大学に提出することに決め、そして提出するのだが、評価は極めて低く「やる気がない」「美術の世界に足を踏み入れるな」「お前の最善はそんな程度か」「ここはお前のいる場所ではない」「帰れ」「頭冷やせ」「芸大に入学したいと思っている受験生に失礼」「気違い」「みんなに謝れ」など、まるで虫ケラか何かに対するような罵言の数数を、私は賜ったのである。(なお、良い評価は決して得ないということをぼくは予想していた。その理由はまた別の機会に紹介します。)
そんないわくつきの『用語集』ではあるが、今になって読み返してみるとこれがなかなかよくできている。過ぎ去った日日の記憶が呼び起こされて…とは月並みな言い方だが、とにかく懐かしさと恥ずかしさが怒涛の、いや、さざ波のごとく、深夜の射水に押し寄せてきたのであった。こういう気持ちは悪くない。ただ、一人で楽しむには手に余る。

というわけで、せっかくだから以下に『用語集』に記載されている文章をいくつか挙げてみよう。


関さん (せきさん/人物)
松原小と鴻巣南中を影で牛耳っていた人物。権力を振るい、数々の配下を従え、中央集権の土台を築かんとしていた。年上の者へのゴマすりは天下一品。社交辞令のときは声が一オクターブ上がる。「子供の人権フォーラム」などに参加し、金メッキピカピカの作文で全校生徒、そして先生をも感動させる裏では、ぼくに向かって『射水は顔もうるさい』と罵詈雑言の限りを尽くす。自分の気に入らない人間を徹底廃除する傾向があるのだ。ちなみにそれら一連の行為はすべて、彼女の理想郷をつくることに収束される。どうやら大学で教育学も学び、その勢いで日本の教育機関を手中におさめるつもりらしい。


…我ながらたくみな文章だと思うが、今みると、どう考えても言い過ぎである。関さんには深い謝罪の念を、ここに表明する。
続いてこちら。


『酒井さん、究極!!』(さかいさん、きゅうきょく!!/マンガ)
田中射水が中二のときに生み出した。「究極ギャグマンガ」という売り出し文句で連載された。「イメージバトル」や「名人戦」、「ニクドナルド」など、マンガ界を激震させる新概念の導入により、クラスメートの目はく・ぎ・づ・け★だが、作者の怠慢により七巻くらいまで出て絶版。
予断だが、ぼくはこのマンガに当時の担任「原 学 先生」を不細工に描いて登場させたところ、本人に見つかり激怒されたことがある。うるせえ!表現の自由だ!


…このような過去の恥ずかしい逸話も、遠慮なく盛り沢山なのだ。
次はこれ。


「射水、ちょっと」(いみず、ちょっと/事件)
ぼくが矢野たちとお喋りをしながら楽しく廊下を歩いていたところ、向こうから担任の石川先生(女性。あだ名は「石婆(いしばあ)」)がやってきた。ぼくらは「こんにちはァ!」と元気よく挨拶をしたが、相手は機嫌が悪そうに「はい」と応えただけ。そして、すれ違いざまに一言「射水、ちょっと」。
ぼく一人が石婆に呼び出され、連れて行かれたのは職員室。そこでぼくは日頃の素行の悪さをたっぷり叱られたのであった。中三の春である。
参考:「田中ァ、いい加減目ェ覚ませよォ!!」、「開けてビックリ、石婆」、矢野


…今でこそ射水は人格者だが、中学生のときは大変に悪いやつだったのである。
ま、まあ、これくらいにしておこう。

何の脈絡もないが、今日、八月三日はぼくの誕生日であって、ちょうど過去を振り返っていたところなのである。明日からまた誕生日ではない一日が始まる。切ない。いじらしい。できれば平静を勝ち取りたい。もしくは負け取りたい。とは、贅沢なぼくの願いである。それではごきげんよう。
| - | comments(1) | trackbacks(0)
引退したい。
引退したい。
| - | comments(3) | trackbacks(0)
マリア様が
みてる。
| - | comments(3) | trackbacks(0)
I廊館、K内屋へ泊まれなかった少年たちへ
梅雨ですね。
梅雨が明けると夏です。夏が終わるともう次の夏。
行き過ぎた。
夏といえば、臨海学校です。
さて最近1984年の時刻表をただで手に入れました。JTBのです。
さてそこに興味深いデータがありました。
I廊館 150 200
K内屋 100 150
S木屋 130 250
左の数字は平均的宿泊料、右は最高宿泊料です。(単位百円)
結論。鈴木屋は決して安くない。
よし、強く生きよう。

追伸:『占いに使えそうな当たり障りのないフレーズ・ラッキーアイテムなど』
あったら教えてください。いいのが集まったらJAVAでエセ占いソフトでも作ろうと思います。
| - | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 3/16PAGES | >>